洗濯

ブラジャーの洗濯方法

ブラジャー

 

ブラジャーは毎日使うものです。

 

洗い替えのことも考えると数着は必要になります。

 

ブラジャーのお手入れ方法をご紹介します。

 

ブラジャーは適当に洗濯機に放り込んで、洗濯をしてしまうとワイヤーがゆがんでしまい、ブラジャーとしての役割を果たすことができなくなってしまいます。

 

正しいお手入れ方法をすると、長持ちしますよ。

 

表示を確かめましょう

 

ブラジャーの種類によっては、手洗いのものと、洗濯機で洗えるものの表記があります。

 

ブラジャーの取扱い絵の表示ラベルに従ってください。

 

.ホックを留める

 

ブラジャーを選択する時は、形崩れを予防するためにホックは必ず留めておきましょう。

 

また、色ものは分けて洗うと色移りを防ぐことがせきます。

 

バッドは取り外して別に洗いましょう。

 

肩ひもが取り外し可能なものは、取って別洗いをしましょう。

 

手洗いの場合

 

大きめのたらいなどの容器に、水と洗剤を入れて軽くふり洗いをしましょう。

 

汚れが酷い場所はつかみ洗いです。

 

絞ったり揉み洗いをすると、素材を痛めてしまったり、形が崩れてしまいます。

 

すすぐ時は肩ひも部分を持ちながらふり洗いをして、洗剤をしっかり落としましょう。

 

洗剤が残っていると黄ばみの原因になってしまいます。

 

大きめのバスタオルを準備して、包み、水分をとっていってください。

 

洗濯機の場合

 

下着専用のネットに入れて弱水流で洗います。

 

最近の洗濯機にはランジェリーコースなどもありますので、利用しましょう。

 

干す

 

干す時は、ブラジャーの形を整え、しわを伸ばし、カップ部分のよれを直しましょう。

 

風通しの良い日陰の場所に干しますが、洗濯バサミで干す際にはゴムベルト部分を挟み、さかさまの状態で干します。

 

直射日光に当たると生地が傷みますので気をつけてください。

 

ブラジャーの洗濯は思っているよりも手間がかかるものですから、洗濯機で洗えるものを選ぶと手間が省けます。

 

正しい方法で洗わなければ、生地は痛み、形は崩れてしまいますので気をつけましょう。